美肌コラム|美肌ドクター

*

日焼け後のお風呂はどう入る? ヒリヒリ肌をいたわる入浴テクニック

会員登録キャンペーン

 

日焼け後のお風呂はどう入る? ヒリヒリ肌をいたわる入浴テクニック

日焼けをしてしまった日の肌は、ヒリヒリとした痛みを伴うこともあるため、服を着たりイスに座ったりするときなど、少しの刺激にも痛みを感じてしまうこともあります。
思い通りに生活ができないのは不便ですが、下手に刺激を与えると、日焼けをした部分の炎症がさらに悪化してしまう恐れもあります。

とくに、お湯を使用するお風呂場では、注意点がたくさん。日焼け肌の痛みや肌荒れを防ぐためにも、適したお風呂の入り方を見ていきましょう。

安静第一! 日焼けをした日のお風呂の入り方

夏の大人ニキビを防ぐ対策ケア方法

・まずは日焼けした部分を冷やす
日焼けでヒリヒリしている肌は、皮膚の表面が火傷をしている状態です。
そのままお湯をはったお風呂に入ると症状を悪化させてしまうため、まずは冷たいタオルや保冷剤などで肌を冷やしましょう。
保冷剤を使う場合は、直接肌に当てずハンカチやタオルで包んでから使うようにしてください。

・低温のシャワーがベスト
肌の火照りが収まったらお風呂に入ってもOKですが、湯船に浸かることはなるべく避けたほうがよいでしょう。
お湯に浸かると、落ち着いていた炎症と痛みが再発してしまう場合があります。

日焼けをした日は、シャワーのみの入浴がベストです。
ただし、シャワーのお湯が熱いと、湯船に浸かったときと同じように症状が再発する可能性があります。
やや冷たいと感じる低温のシャワーを利用しましょう。
また、ぬるめのシャワーだけだと、どうしても体が冷えてしまいます。
体が冷えると肌の回復力も低下するので、シャワーはできるだけ短時間で済ませるようにしましょう。

・シャワーの水圧は弱めに
低温のシャワーを利用していても、シャワーから出る水の水圧が強いと肌に刺激を与えてしまいます。
なるべく肌の負担を減らすためにも、水圧は弱めに設定して、優しく洗い流しましょう。

・体は手のひらで優しく洗う
日焼けをした日は、ゴシゴシと体を洗うのはNG。
汚れや汗をさっぱりさせたいなら、タオルなどを使わずに、手のひらだけで優しく洗いましょう。
このとき、シャンプーやボディクリームをたくさん使うと、肌のバリア機能を保つ皮脂などが洗い流されて、症状が悪化する恐れがあります。
日焼けをした日は使用量を控えめにするか、できるだけ低刺激のものを使うようにしましょう。

・必ず保湿をする
日焼けをした肌はバリア機能が低下しているため、いつも以上に水分が蒸発しやすくなっています。
軽く水分を取り除いたら、すぐに保湿をして潤いを逃さないようにしましょう。
日焼け部分を刺激しにくい、低刺激なクリームなどを丁寧に塗り伸ばしてくださいね。

日焼けをした日は、体内からも肌の再生を促すことが大切です。
水分やビタミンを多めにとり、夜はできるだけ早めに寝て、紫外線によるダメージを最小限に抑えましょう。
日焼けを刺激せず早く治すためにも、体の外側と内側の両方からアプローチしていきましょう。

 - スキンケア